キメ過ぎないのが鉄則。自分に似合うものを見極めるパリマダムのおしゃれ術。

201907フランス流エスプリ_72-73_6

「キメキメにしないのが、わたしのおしゃれの鉄則」と話す、マルゴ・フェイラーさん。そんな彼女のパリマダムらしいエスプリと、おしゃれテクニックをご紹介します。

スタイリッシュなスカートには、ヒールでなくフラットなブーツを合わせたり、トップスもざっくりした大きめのセーターを合わせたり。
「年齢を重ねたからこそ自分の体型を熟知し、見せた方がいい部分、隠した方がいい部分がわかるし、似合う服も似合わない服もわかって買い物ができるようになりました」と話す、マルゴ・フェイラーさん。

201907フランス流エスプリ_72-73_4
マルゴさんの素敵な着こなし。サ カイのスカートに、ピエール・ア ルディのブーツとざっくりしたメ ゾンマルジェラのセーター。

長年ファッションの仕事をしているので、もちろんトレンドも常にチェックしています。
「でも、そのすべてを追うのではなく、その中から自分のスタイルに合うものをチョイスすることが大切。トレンドだから選ぶのではダメだと思うんです」

中でも、ラコステで一緒に仕事をしていた、クリストフ・ルメールがデザインする『ユニクロ ユー』のベーシックのTシャツがコーディネートに活躍するそう。
「彼はトレンドやデザインより、洋服のボリュームやバランスが大切だとわかっているデザイナー。それを心得たベーシックなコレクションなので、本当に素晴らしいと思います」

201907フランス流エスプリ_72-73_2
JWアンダーソンのメンズのブルゾンの中にユニクロ ユーのTシャツ。アメリカのストリートブランド、オフ・ホワイトのパンツで。

またハイブランドの取り入れ方にも、マルゴさんらしい意見が。
「ファーやエルメスのバッグを30代の女性が取り入れるとカッコイイ。でも私が持つと、クローゼットから引っ張り出してきたマダムのように見えてしまう。だからあえてシンプルでブランドのわからないものを選びます。バッグならピエール・アルディやセリーヌの方が、モダンに見えると思います」

インナーを心地よいTシャツにす るのもお気に入り。ジェームス・パースやコム・デ・ギャルソン、 ブラジルのブランドのTシャツ。

ワニがついたユニークなサングラスはボン・マルシェで見つけて即購入。べっこうタイプのサングラスはカレン・ウォーカーのもの。

カジュアルダウンの必須アイテムのスニーカー。白はセリーヌ。ブルーはニューバランス。カラフルなプラダはヴィンテージ。

愛犬AKITAの散歩は、ドリス・ ヴァン・ノッテンのスウェットシャツ、ピエール・アルディのバッグとスニーカーを合わせて。

/

キーワード