【Chaosディレクター・櫛部美佐子さん】40代から始める軽井沢でのスローライフ。「生活にメリハリが生まれ、仕事にもいい刺激に」

地方移住 スローライフ 軽井沢 賃貸別荘

自然溢れる軽井沢で、朝夕の犬の散歩や庭仕事で体を動かし、天気のいい日はデッキで食事やお茶を楽しむ・・・。そんなスローな生活を満喫している櫛部美佐子さんに、「郊外移住」の良さを伺いました。

光と緑に溢れた豊かな暮らし。

櫛部美佐子さんが軽井沢への移住を決めたのは2年前。別荘だった築40年 ほどの賃貸物件に暮らしています。

「その少し前から東京はもういいかなと思って、自然の中でゆったり過ごせる家を探していたんです。ここはある日ネットで見つけて翌日には内覧。天井が高く、開放感のあるリビングに一目惚れして即決しました。軽井沢は賃貸物件が少なく早い者勝ちなので、ラッキーなタイミングでしたね」

築40年 移住 軽井沢
リビングで存在感を放つのは、ウォールナットの一枚板のローテーブル。「木目や高さを吟味してオーダーしました。自然のもつ風合いが好き」

仕事や生活面で、移住への不安はなかったのでしょうか?

「親の転勤が多く、昔から定住することにこだわりはないんです。東京へは週2、3回行きますが、新幹線を使えば1時間半。かえって生活にメリハリが生まれ、仕事にもいい刺激をもらっています。

BoConcept ソファ 木漏れ日
大きなソファはBoConceptのもの。壁にはアートや本をセンスよく飾って。リビング奥は仕事部屋。
薪ストーブ
ストーブはもともとこちらの家についていたもの。
吹き抜け 天井 
天井に近い窓からも光が差し込むリビング。賃貸のためほぼ原状のままで、照明だけ付け替えたそう。
/

庭に面した大きな窓のある畳ほどのリビングが暮らしの中心。部屋の中にもたくさんのグリーンが。

「東京は緑が少ないので、どんどん鉢が増えてしまって。引越しの際に全部 持ってきたのですが、植物だけで3トントラック1台分に!」

デッキ 庭 家庭菜園 薪割り
デッキのある広い庭。家庭菜園や 薪割りをするのも楽しいひととき。
見せる収納 食器棚
作家ものの美しい器は並べて見せる収納に。陶器やガラスなどの質感が好きで集めているそう。
/

そんな櫛部美佐子さんの日常は、東京にいた頃とは一変している様子。 「家にいる時間が増えたこともあって、夜型から朝型の生活になり、外食が多かった食事はほぼ自炊に。近くに市場があり、地元の野菜が安くて新鮮でおいしいんですよ。自分でも庭でナスやトマト、ハーブを育てています」

写真/櫛部美佐子 取材・文/小林賢恵 再編集/久保田千晴

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード