着物にインスパイアされた『ビルケンシュトック』の新作サンダル「KYOTO」が誕生。

ビルケンシュトック_キョウト1

今春『BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)』が、新モデル「キョウト(KYOTO)」を発売しました。公式オンラインショップのほか、一部のビルケンシュトック店舗で取り扱い中です。

1774年にドイツで誕生して以来、世界中で多くの人々に愛されている、サンダルの代名詞的ブランド『ビルケンシュトック』。

これまで『ビルケンシュトック』のサンダルには、アリゾナやマドリッドなど世界の各都市の名前がつけられてきました。その中で、2020年春、なんと34年ぶりに日本の都市名「キョウト」が採用されました。
伝統とモダンが融合したデザインのキョウトは、人気の定番モデル“チューリッヒ”のシルエットをベースに、アッパーはスエードとヌバックレザーが足の甲を包み込むように重ねてあり、着物の襟合わせを彷彿とさせるデザインになっています。

ビルケンシュトック_キョウト_人物

さらに、アッパーに設けられた面ファスナーにより、フィット感も抜群。足全体を優しく包み込むような履き心地で、履けば履くほどその人の足の形に馴染んでいきます。
カラーバリエーションはウルトラブルー、トープ、ネイビー、サンド、さらにオンライン限定のデザートセージを加えた全5色展開。どれも、ユニセックスで楽しめます。

尚、現在一万円以上の商品購入者全員に、「キョウト」にインスパイアされたスペシャルデザインの手ぬぐいをプレゼント中とのこと。なくなり次第終了なので、気になる方はぜひお早めに。

/

キーワード