【革小物作家・荻原郁子さんの見せる収納術】愛犬グッズもすっきり馴染む、絵になる空間づくりのポイント

荻原郁子 収納 クローゼット

「実は収納が好きなんです」と話す荻原郁子さん。自宅は、世界各地から持ち帰ってきた魅力的な家具や雑貨がインテリアに調和し、アイテムは多くても整然としています。そんなセンスのよい収納のコツを探るべく、荻原郁子さんのクローゼットを見せていただきました。

荻原郁子 収納 クローゼット MUJI

クローゼットはベッドルームの一面に。上の写真・右側には夫のクローゼットが続く。 シーズンの入れ替えもなく、服はここに収まるだけだそう。 ニットやカットソーは『MUJI』のチェストに。よく使う小物は手前のかごに。犬グッズもきれいになじんでいます。

「今の家は収納スペースが多いので楽をしていますが、狭い家でも狭いなりに工夫していました。また、スーツケースのパッキングも大好きです。出張先でスーツケースを開けた夫が、その美しさに惚れ惚れしたというエピソードもあるくらい。『限られたスペースにどうやって詰めて、いかに整然とさせるか?』を考えるのが楽しいんです。それが家の収納でも役立っているのかもしれませんね」

荻原郁子 私服 トゥーグッド Toogood

愛犬のジュジュと。シャツドレスはイギリスの『Toogood』。「『Toogood』はとても着やすくて、今いちばん愛用しています」

服はMATCHESFASHION.comなどの海外通販サイトで買うことが多いそう。ネックレスはアーツ&サイエンスで購入の<Judy Geib Plus Alpha > 。

選びやすさのために、同じ種類をまとめて、見えるように収納。

夫の仕事のため、長年の海外生活では引っ越しも多かった荻原さんは、「常に引っ越すときのことを考えながら収納し、暮らしていました」といいます。

そんな荻原さんの収納のコツは、「グループ分けして、どこに何があるか、見える収納」。クローゼットもアイテム別に並べて、すべてが一目瞭然。頻繁に使うものはラックやカゴなどに入れ、廊下や玄関など動線を考えた場所に、さりげなく配置しています。

見えても絵になる収納グッズで、素敵にディスプレー

荻原郁子 収納 オーセンティック
玄関の壁の帽子掛けは、オーセンティックというドイツブランド。ロープとフックだけのシンプルな作りで、コートやバッグなどを掛けることも可能。
荻原郁子 ハンギング・ウォール・バスケット ストール収納
廊下の壁にはLAの『GENERAL STORE』というお店で購入したハンギング・ウォール・バスケット。メキシコ製のハンドメイド。「よく使うストール類の収納に便利です」
荻原郁子 マワハンガー アーツ&サイエンス
『パシフィックファニチャー』のハンガーラックは「コートや前日に着たもの、翌日着る予定のものを掛けておく場所」。ドイツのマワハンガーを愛用。「アーツ&サイエンスのお店の方に教えていただいたのですが、かさばらず、滑り落ちず、肩の部分に変な跡がつかないので、とてもいいですよ」
/

『ku:nel』2022年3月号掲載

写真/目黒智子、取材・文/黒澤弥生、再編集/久保田千晴

土屋鞄製作所のレザーエコトートバッグ

軽さと品格が大事。マチュア世代にこそおすすめしたいトートバッグの決定版は?

Promotion

キーワード