軽やかな上質素材の重ね着+ダメージデニムでつくる大人の早春スタイル

石黒さんスナップ_全身

東京・学芸大学で生活雑貨のお店「MIGO LABO」を営む石黒美穂子さん。いつもセンス抜群な石黒さんに、気温の変動が激しい早春にぴったりのコーディネートを見せていただきました。

しなやかな風合いで、落ち感のあるワイドシルエットが特徴のニットは、2018年に購入した『ル・ピポッド』の「ウール/アンゴラ ハイネックセーター」。さらにインには、同じくル・ピボットの「コットン/リヨセル タートルネックT」を重ね着しています。
「薄手で、肌触りもとっても良いので、春先の肌寒い日には重ね着して楽しんでいます。あまりにも便利なので、白、スミクロ、ベージュの3色揃えました」

石黒さんスナップ_ルピポッドのタートルT

シンプルなトップスには、陶芸家・島るり子さんの陶器のブローチをワンポイントとしてプラス。ブロックプリントの版木で型押ししたブローチは、シンプルなコーディネートを引き立ててくれるので、MIGO LABOでも通年大人気のアイテムだといいます。手元はゴールドの時計とリングで統一感を出しています。

(C)MIHOKO ISHIGURO

/

デニムは、表参道『G-star raw』で購入。ここのデニムに出会ってから、ダメージデニムを履くようになったと、石黒さんはいいます。
「これまで ダメージデニムは、若作りしているような気がして敬遠していたんですが、このデニムはシルエットがきれいで大人が履いても似合います。ストレッチも効いていて動きやすいので、一度履いてみたら、もう手放せなくなりました」

シューズは、履き心地にこだわったコンフォートシューズブランドとしてクウネル世代にもファンの多い『ダンスコ』。 残念ながら、現在は販売終了となっているデザインですが「定番のダンスコとは一味違って、フリンジがポイントのヒールサンダルなんです。ヒールの脚長効果もあって、デニムスタイルと相性が良いんですよ」

石黒さんスナップ_ダンスコ

キーワード