「格別のかりんとう」を買いに湯島へ。昔から変わらない、下町の人情味溢れる『ゆしま花月』

かりんとう

東京・湯島で駄菓子屋からスタートしたという創業七十余年の老舗『ゆしま花月』。

食の諸先輩方から「ここのかりんとうは格別よ」と、教えていただいた『ゆしま花月』のかりんとう。『ゆしま花月』は昭和二十年代初め、華やかな花柳界と、粋でいなせな風情溢れる東京湯島で、子ども相手の小さな駄菓子屋を開いたことから始まったそう。後に、かりんとうが評判を呼び、かりんとう屋として店を構えるように。場所も変えず、昔と変わらない小さな店で、昔と変わらない味を、昔懐かしい下町の人情味溢れる店として守り続けています。

かりんとう

購入した『ゆしま花月』の袋を開けると、中からお目見えしたのは、美しい琥珀色。ガラス細工のような艶やかさを持ったかりんとう…、タダモノではない貫禄を感じます。三度揚げしているという生地はカリッとしっかりめの歯応え。中はサクサク、表面の上白糖の優しい甘さが後を引くおいしさ。

かりんとう作りで培われた職人の粋と技を生かし、あられやせんべいをはじめ、6種類のお菓子を取り揃えている『ゆしま花月』。オンライン以外に全国の百貨店でも催事をされているようで、ホームページでスケジュールが確認できます。ぜひ足を運んでみてください。

キーワード