ファンでなくとも一度は泊まってみたい『MUJI HOTEL GINZA』をレポート

銀座無印アイキャッチ

2019年春のオープン以来、銀座の新たなランドマーク的存在になっている『無印良品 銀座』と『MUJI HOTEL GINZA』。東京オリンピック2020に向けて、ますます需要が高まりそうです!

写真は、オープン直後に実際見せていただいた『MUJI HOTEL GINZA』のお部屋です。

全79室のしつらえは、いずれも無印良品らしくシンプルで機能的。

天井が高く窓が大きいせいか、15平米のお部屋でも快適さを感じます。

4名まで泊まれる52平米のお部屋は、ヒバの木のバスタブを備え、ゆっくりくつろげる畳のスペースには本棚も。

備品はもちろん「無印良品」なので、気に入ったものがあればそのままショップに立ち寄って購入することができます。

フロントがある6Fフロアには、日本の郷土料理を提供する和食レストラン『WA』のほか、古書や貴重な本も取り揃えるライブラリー、2つのギャラリー、バーカウンターがあり、思い思いの時間を過ごせます。

スタッフによる銀座案内やランニングウェアの貸し出しなど、銀座ステイがより楽しくなるサービスも充実! 宿泊予約は、ホームページまたは電話にて受付。

/

キーワード