ステイホームのおともに。『fog linen work』関根由美子さんが海外向けにつくったライフスタイルの本。

simplicity at home

キッチンで使う、インテリアを整える、身にまとうなど、毎日の暮らしに役立つオリジナルデザインのリネン類を取り扱っている『fog linen work(フォグ リネンワーク)』。シンプルで上質なリネン製品の魅力は海外にも広まっていて、特に欧米では人気。今年の2月にはアメリカ・サンフランシスコの出版社「クロニクルブックス」から、オーナーの関根由美子さんが本を出版することになりました。その本『Simplicity at Home』について紹介します。

写真は本より抜粋。

/

シンプルでモダン、使い勝手のいいリネン製品といえば思い浮かぶ『fog linen work』。海外でも感度の高いセレクトショップや雑貨店などで扱われ、人気が高まっています。そんな 『fog linen work』 のオーナーの関根由美子さんが、海外向けの書籍を出版しました。

「あるとき、海外のブックエージェントの方から『本を出しませんか?』というメールが届きました。最初はびっくりしたのですが、やり取りを重ねるうちに、日本の暮らしやfogのスタイルなどについて紹介する本を作ることとなったのです」

出版元はアメリカのサンフランシスコにある「CHRONICLE BOOKS(クロニクルブックス)」。アートブックや写真集、ライフスタイル本など美しい本を数多く送り出していて、眼鏡のロゴマークを見たことがあるという方も多いことと思います。

「日本のやり方だと、あらかじめコンテンツは編集者と細かく決めて、それに従って本づくりを進めるのが通例ですが、今回はざっくりとした内容が決まったら、あとは『お任せ!』という感じでした。なので、自分で流れを決め、撮るものも考えて……。慣れない英語での執筆はやはり大変で、辞書と首っ引きで長いこと取り掛かっていましたが、なんとかやり遂げました!」

タイトルにもあるようにシンプルな関根さんのお宅のインテリアがたくさん紹介されている。(このギャラリー内の写真は、クウネルのご自宅取材のときに、編集者が撮影したもの)

もちろんfogのリネンもたっぷりと紹介されている。

新居の家づくりのストーリーも登場。

/

春夏秋冬と4つの章に分け、その季節ならではのインテリアのしつらいや、料理、行事などを紹介しています。たとえば、冬はみかんの皮を使った掃除やみそづくり、春はお花見の楽しみなど……。リネンを使った手芸や、金継ぎ、木のスプーンづくりなど、クラフトのアイデアも豊富です。

私たちが普段何気なく楽しんでいる暮らしの1シーンも、「外国の方へ」というフィルターを通すと、より面白く、多彩に感じられます。(もちろん、関根さんの暮らしが素敵だからなのですが…)。少しずつ読んでいると英語の勉強にもなり、いろいろな発見も。素敵な写真、装丁で、リビングに一冊置いておきたい、そんな本『Simplicity at Home』です。224ページ・フルカラーと圧倒的な読み応えです!アメリカでは2月から発売開始で、日本でもamazonや、洋書を扱う書店などで購入ができますが、現在fogのオンラインショップで先行発売(3,190円・税込み)をしており、気になる方はぜひご覧ください。

布貼りのハードカバーの本は、佇まいも美しい。写真は清水奈緒さんが担当。3,190円(税込み)

魅力的なお花のアレンジメントも多数紹介されている。

/

キーワード