歴史と未来を繋ぐ新名所。京都・東山に昭和初期の小学校を改修したラグジュアリーホテル「ザ・ホテル青龍 京都清水」がオープン。

ザホテル青龍京都清水8

明治から昭和、平成にかけておよそ150年もの間、地域の子どたちの学び舎として愛され歴史を刻んできた小学校が、上質なヘリテージホテルに生まれ変わりました。

京都の清水寺から歩くこと8分。元清水小学校の校舎をコンバージョンしながら、長年築いてきた歴史や文化を継承する役割を担い、新たに「ザ・ホテル青龍 京都清水」が誕生しました。

建物の外壁や窓、階段、中庭などは小学校の面影をそのまま残し、館内もやはり小学校時代の教室や講堂など、多くの思い出を大切に継承しながらデザインされています。

客室は全48室。旧教室を改装した部屋の広さは平均50㎡あり、いずれもゆったりした開放感が特徴です。当時の意匠を一部保存活用し、歴史的価値を継承した内装は、優雅で上質な京の滞在を演出してくれます。
また、ホテル屋上にある「K36 The Bar & Rooftop」からは、八坂の塔を眼下に望むことができます。こちらでは、プロデュースに参画している京都を代表する名バーテンダー・西田稔さんが自ら腕をふるいます。

/

さらに、敷地内別棟にオープンしたのは、アラン・デュカスが設立したデュカス・パリによる「BENOIT(ブノワ)京都」

「ブノワ」は、1912年パリにてオープン、以来100年以上続く老舗ビストロです。東京に続き、国内2号目となる「ブノワ京都」では、フランスの伝統的なビストロ料理に旬の味わいを取り入れ、モダンに昇華させた絶品フレンチをいただくことができます。

エグゼクティブシェフを務めるアントニー・バーグル氏は、パリの3つ星レストラン「アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ」で経験を積んだあと、ニューヨークの「ブノワ ニューヨーク」と大阪の「ル・コントワール・ド・ブノワ」でスーシェフを、2018年にはマカオの「ヴォワヤージュ アラン・デュカス・アット・モーフィアス」のシェフを務めた名料理人。

京都の歴史的建築物に宿泊しながら、フランスの伝統料理に舌鼓。 おもいおもいの贅沢な時間が過ごせる、京都新名所の“これから”に期待が高まります。

/

キーワード