【中野翠のおすすめシネマ】ハイブランドの美の舞台裏をみるのも愉し!『オートクチュール』

オートクチュール ディオール クードリ

映画やファッション、文学や音楽など各シーンを独自の美意識で見つめ続けてきた、コラムニストの中野 翠さんがおすすめシネマについて語ります。おしゃれ大国・フランスの土台にはこんな繊細な職人の技が!そんな世界を支える女たちのお話。中野さんのイラストも必見。

ハイブランドの美の舞台裏をみるのも愉し!

ファッションには興味があるものの、オートクチュールとは、まったく無縁。パーティ嫌いだし、行儀もよくないし、ドレッシーな服は苦手だし……。それでも、この『オートクチュール』という映画を興味深く見た。

オートクチュール シルヴィー・オハヨン 新宿ピカデリー ナタリー・バイ
監督・脚本/シルヴィー・オハヨン 3月25日、新宿ピカデリー、Bunkamura ル・シネマほか全国公開 ©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

オートクチュールとは無縁な貧しい少女が、ふとしたことからディオールのオートクチュール部門の縫い子としてスカウトされ、めきめき腕をあげ、ファッションに対する思いも徐々に変化してゆく……という話。少女と共にオートクチュールの世界を探検してゆく気分になる。

物語の発端は、こんなふう。ディオールのオートクチュール部門のアトリエ責任者であるエステル(ナタリー・バイ)は近ぢか引退しなければいけない年になった。最後のコレクションが間近になる中、地下鉄通路で、若 い女の子にバッグをひったくられてし まう。その女の子……ジャド(リナ・ クードリ)は、ある事情から、バッグを返しにやってくる。

エステルはジャドの指使いを見て、「美しいものを作る指!」と直感、自分の後継者として育てようと決意。アトリエのお針子としてスカウトし、特訓。期待通り、エステルはめきめきと腕をあげてゆく。そして……という、ほぼ「お約束」の展開!そこが、けっこう楽しい。

オートクチュールの世界って、こういうふうに、繊細かつ厳密な技と審美眼のチェックを経て、ドレスとして仕立て上げられてゆくものなんだ……と今さらながらに驚かされる。高いお値段になるのも無理はない!?

オートクチュール ディオール クードリ 中野翠 イラスト
ディオール専属のクチュリエールが衣装を監修。直筆スケッチ画などがスクリーンに 登場する。クードリは『フレンチ・ディスパッチ』などにも出演の注目株。

教師のごとき役柄のエステルを演じたナタリー・バイも、生徒のごとき役 柄のジャドを演じたリナ・クードリも役柄にピッタリはまっている。

監督・脚本を手がけたシルヴィー・オハヨンも女の人で、少女と共に、ユダヤ系チュニジア人だという。

文・イラスト/中野 翠 再編集/久保田千晴

結城アンナ インスピレーションの扉

【結城アンナさん BALMUDA The Store Aoyamaへ! 後編】キッチンカウンターでは試食・試飲も! プロダクトの性能や使い勝手を体験できる。Vol.6

Promotion

キーワード