売り切れ注意! 幻の「にんじん芋」を使った、絶品お芋スイーツをお試しあれ。【#わたしジャーナル】

読者のみなさまから寄せられた素敵な投稿を、クウネル・サロンで紹介する参加型企画『わたしジャーナル』。日々の暮らしで見つけたワクワクを、Instagramで専用ハッシュタグをつけてシェアしていただいています。

今日は、 #クウネル500円おやつ のハッシュタグからピックアップ。@htm.aaaさんおすすめ! 幻のさつまいもの品種を使った、高知の絶品スイーツです。

幻と言われる、希少な「にんじん芋」を主役にした、スイーツ『ひがしやま。』をご紹介します。にんじん芋とは、中はニンジンのような鮮やかなオレンジ色で、甘みが強く、ねっとりとした食感が特徴。特に、干し芋に向いている品種として知られています。しかし、現在では生産者が減り、市場にはあまり出回っていないそうです。

使用するにんじん芋のペーストは、ペーストごとに水分の保有量が異なります。そこで、理想の食感を生み出すために、まず水分の調節から行います。焼き作業もペーストごとに、水分調節のテストを行ったあとで本番に移ります。この工程が、こだわりのもっちり食感を生み出しているそうです。

こうして手間ひまかけて焼き上がった『ひがしやま。』は、バターときび砂糖、白餡を少し足したのみの芋の甘さで、まるでスイートポテトのような味わい。着色料や添加物は一切使っておらず、素材そのものの良さを感じることができます。

「高知にある『とさのさと』という地元の美味しいものが集まるショップで、オススメされていたので購入しました。もっちりやわらかな食感と、食欲をそそる芋の甘い香りがやみつきに。今日は、焙じ茶と共にいただきました。食べると平たいスイートポテトを食べている感じで、お芋のやさしい甘さが口の中に広がって、とってもおいしい。このパッケージも好みで、また購入したいです!」

オンラインではちょうど、とれたての新芋を使ったものが予約受付中。来週11月30日までの申し込みで、12月上旬にお届け予定とのこと。きっとすぐに売り切れ・入荷待ちになってしまうと思うので、気になる方は早めにチェックを!


◆わたしジャーナルの今までの記事はこちらから

『わたしジャーナル』では、みなさまからの素敵な投稿を随時募集中!「今日のお弁当うまくできた!」「おすすめのこれ、シェアしたい」「このおやつ知ってる?」「この本、とても感動します」「これって懐かしいよね?」 そんな、日々の暮らしで見つけたワクワクを、専用#(ハッシュタグ)をつけてシェアを。仲良しのお友達とおしゃべりする感覚で、あなたの「おすすめ」をどんどん教えてください。編集部で気になった投稿は、クウネル・サロンで紹介させていただきます。

キーワード