デイリーに使える日本酒配合の化粧水で大人の素肌力をアップ

日本酒の化粧水

自然体の笑顔が素敵な<クウネル・サロン>プレミアムメンバーの津曲久美子さん。聞けば、普段はほとんどメイクはせず、リップやアイブローで整える程度だそう。その美しさの秘訣と、愛用している日本酒由来の化粧水について聞きました。

「年齢を重ねた今、シミやシワを無理に隠すのではなく、素肌のハリやキメを整えることを大事にしたいと思っているんですよね」

そんな風に話す津曲さんの表情は、輝きに満ちています。

「日本酒の菊正宗ってあるでしょう。その化粧水、その名も『菊正宗酒造 菊正宗 日本酒の化粧水』が良いって知人から教えてもらって以来、愛用してるんです。化粧水をシートパックにたっぷり含ませて、数分パックするだけでお肌がぷるんぷるんに。お手頃価格だから、毎日バシャバシャ使えるのも魅力ですね」。

なんでも日本酒は、化粧水やスキンケアという発想が乏しかった時代から、水で薄めて肌を整えるための「道具」として世の女性に親しまれてきたそうです。お米と麹と水で作られる日本酒には、アミノ酸やミネラル分など、保湿成分が豊富に含まれています。

この『菊正宗酒造 菊正宗 日本酒の化粧水』500mlにも、一升瓶(1800ml)1本分に含まれるアミノ酸が凝縮されて入っているのだといいます。

あるがまま、自分らしくいられる素肌づくり。季節の変わり目こそしっかりケアしてあげたいですね。

津曲さんバストアップ

キーワード